オーストラリアで快適生活!!

空はまるで

生活

オーストラリアのビール!おすすめをまとめてみました

更新日:

 

 

どうも、オーストラリアのパースに住んで6年が経ちました、ビール大好きはまちゃんです。

ここオーストラリアは世界でも有名なビール消費大国。

そりゃあカラッとした暑い日照りにビールが欲しくなるのは無理もありません。

そんなオーストラリアはビールの種類がとにかく豊富です。

今回はオーストラリアで人気のビールを厳選してビール好きの僕が実際に飲んだ感想と概要をご紹介します。  

代表的な銘柄から新参者まで選んでみました。

それでは行ってみましょう。

 

 

 

 

まずはビールを買い出しに。

ちょっと溢れ話になりますが、日本だと普通にコンビニやスーパマーケットでビール買えるじゃないですか。

初めてオーストラリアに渡豪した頃は僕はビールがどこに売っているのかわからず、

スーパーマーケットで隈なくビールを探しました。


見つけたのが、このGinger Beerのみ。

当初英語がほとんどわからずbeerという単語だけで買ったジンジャービール。アルコールの入ってない 甘いジャンジャービールをビールと勘違いしてほろ酔い気分になってました。

 

 

お酒は酒屋(Liquor shop)でのみ販売されています

オーストラリアではコンビニやスーパーマーケットではお酒は販売されていません。

お酒専門店があらゆるところにあります。

ショッピンセンターのスーパーマーケットの隣に併設されている酒屋

適当なことが多いオーストラリアですが、未成年のお酒の販売は禁止されているので、購入の際にIDチェック(身分証確認)が問われることもあります。

女性の方なら若く見られてちょっと嬉しいかもしれません。

おすすめの酒屋 ダンディーなおっちゃんがトレードマークのDan Murphy’s
移民多国籍の国なので、海外のブランドビールも多く取り揃えていて、ビール好きならいろんなビールを試してみたくなるはず。

ビールの値段はバラ売りは割高で1本$3(約240円)〜。

カートン(24本)で買うとセール品など$40(3200円)で買えるので間違いなく断然お得です。

カートンがそのままお店の冷蔵庫で冷えて販売されているのもオーストラリアの特徴

オーストラリアはビールとワインは豊富でお手頃に手に入りますが、

洋酒、酒は日本と比べると高価です。

 

 

買ってきました。

それでは僕が味比べしたビールを1つずつ紹介していきます。 

どどーん!!

Victoria Bitter(ヴィクトリア・ビター)

VB通称(ブイビー)

まずはオーストラリアのビールの王道と言えばこれ。

オーストラリアで絶大の人気を誇るビクトリア州のビール。

英字でビターと書いてありますが、香り良く飲みやすく、ビターさはなく、後味が残らない。日本人でもこのビールは悪くない味だなと思います。

僕の場合、数多いオーストラリアのビールの中で迷ったらブイビー的な存在。

キンキンに冷やしてどうぞ。

・ビールタイプ:ラガー

・アルコール度数:4.9%

Melbourne Bitter(メルボルン・ビター)

ロゴがどこかのメジャーリーグチームみたい

こちらもビクトリア州発祥のビール

こちらのビターはちょっと後味に苦味が残る大人な味

・ビールタイプ:ラガー

・アルコール度数:4.6%

Crown Larger(クラウン・ラガー)

高級感溢れるボトルデザイン

オーストラリアのプレミアムモルツ。味は独特ながらもモルツのリッチさとほんのりフルーティーなテイスト

・ビールタイプ:ラガー

・アルコール度数:4.9%

James Boags(ジェームズ・ボーアグス)

長い歴史のあるビール

タスマニア州のプレミアムラガービール。ビールの伝統、技術、材料、爽やかな口当たりとほのかなフルーティーさと苦味、複雑です。

・ビールタイプ:ラガー

・アルコール度数:5.0%

Gold XXXX (ゴールド・エックス4)

栄養ドリンクと間違えてしまいそうな缶

クイーンズランド州に工場がある低カロリー、アルコールとライトな味わい。

オーストラリアでトップ3の人気を誇るGoldXXXXは

実は日本のビール会社の完全子会社なのだそう。

・ビールタイプ:ラガー

・アルコール度数:3.5%

Carlton Dry(カールトン・ドライ)

青と馬が特徴

こちらも長い歴史と伝統的製法のあるビール。ドライ感があり、ライトでスムーズな味わい

・ビールタイプ:ラガー

・アルコール度数:4.5%

Emu Export (エミュー・エキスポート)

パッケージがちょっと紛らわしい

西オーストラリア発祥のビール。今では南オーストラリア州で製造されている。調べてみると日本のビール会社の完全子会社の子会社みたい。僕がワーホリでオーストラリアでシェアハウスなどしてた頃(2008年)安い薄味のビールって思い出があったけれど、今回飲んでみるとそこまで悪くなかった。品質など改良されたのかな?

・ビールタイプ:ペール・ラガー

・アルコール度数:4.5%

Toohey’s Ted(トーヘイズ・テッド)

トナカイと緑が特徴

クイーンズランド州発祥のビール。前に住んでいた所の大家さんが毎日水のように飲んでいたこのビール。たまに一緒にいただいたことがあったがなぜか僕はこのビール飲んだら眠くなる。

こちらも日本のビール会社の子会社の傘下。

・ビールタイプ:ラガー

・アルコール度数:4.4%

Great Northern (グレート・ノーサン)

白の魚と金色のビール

クイーンズランド州のケアンズ発祥。金色とオーストラリアの気候にあった爽快な飲みやすさ。

・ビールタイプ:ラガー

・アルコール度数:4.2%

Hahn Super Dry(ハン・スーパードライ)

低炭水化物で通常のビールの炭水化物より70パーセントカット。それでもアルコール度数は高めです。カロリー気にしている方におすすめです。

・ビールタイプ:ラガー

・アルコール度数:4.6%

Coopers (クーパーズ)

フルーティーな味わいで苦味もあり

南オーストラリア州のビール。オーストラリアの会社が保有しているビール会社で1番有名なビール。日本ではあまりないペールエールでフルーティーで変わった味わい。

・ビールタイプ:ペール・エール

・アルコール度数:4.5%

Swan Draught(スワンドラフト)

西オーストラリアのシンボル黒鳥が特徴

ホップと麦のバランスの取れた味わい。こちらも日本のビール会社の子会社の元でemu exportと同じく南オーストラリア州で製造されている。

・ビールタイプ:ペール・ラガー

・アルコール度数:4.5%

Matso’s (マツオズ)

パッケージに生という漢字が書いてある

西オーストラリア州発祥のマンゴービール。日本人の移民によって作られたみたい。すっきりとした甘さで、女性にもおすすめのビール。

・ビールタイプ:フルーツビール

・アルコール度数:4.5%

Alby (アルビー)

シンプルな赤

西オーストラリアで最近出回り始めたビール。飲みやすい。

・ビールタイプ:ペール・ラガー

・アルコール度数:4.2%

Little Creatures(リトル・クリーチャー)

すいません、左上の天使のボトルです

僕のおすすめのビール。西オーストラリアのフリーマントルにビール工場、レストランもあり、雰囲気が良いです。味も、品質、材料もバランスの取れた味わい。実はこのビールも日本のビール会社の完全子会社です。ペールエールなので10−13度ぐらいの温度で飲むとまた香りなどが引き立ちます。

・ビールタイプ:ペール・エール

・アルコール度数:5.2%

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

オーストラリアはビールの消費大国だけあって沢山の種類のビールがあります。

有名な銘柄のビール以外にもクラフトビールなども含めると数えきれないです。

またパブやレストランで飲む樽のビールの味も格別です。

オーストラリアのビール会社ってかなり日本のビール会社が所有してるんじゃんって、オーストラリア人と飲みに行ったら思わず微笑んでしまいそうですが、そっと知らないふりしておきます。

それではまた。

-生活

Copyright© 空はまるで , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.