オーストラリアで快適生活!!

空はまるで

医療

メディケアで初めての診察、医療費を無料で受ける為に知っておきたいこと。

更新日:

 

オーストラリアで永住権を取得して早1年が経とうとしています。

 

こんにちは、西オーストラリアのパース在住のはまちゃんです。

 

皆さんもご存知だと思いますが、オーストラリアで永住権を取得するとメディケアカード(オーストラリアの国民保険)の申請、利用することができるのですが、

 

 

カードを受け取ってから、今まで一度も利用する機会がありませんでした。

 

今回初めてメディケアを使って診療しましたが、医療費を無料にするためのポイントも含めて綴りました。

 

 

それでは行って診ましょう。

 

 

 

 

GP(一般開業医)とは

オーストラリアで体調が悪いなと感じたら、

 

General Practitioner(通称GP)と言われる一般開業医にまずは受診しに行きます。

 

GPは小さなクリニック的な感じで構えていて、必ず1つのサバーブには何箇所か設けてあります。

 

なので日本のように、この体調だと、どこの何科に行ったらいいの?って悩まなくてすみます。

 

GPはいわゆる総合診療医、あらゆる患者に対応しますが、

 

かすり傷や風邪などの症状の軽い患者はその場で処置、必要な場合は薬を処方、

 

さらに専門の分野の医師が必要だと判断される場合は、紹介状のような紙をもらい、

 

専門医へ行きます。

 

 

Bulk Billing(バルクビリング)とは

 

オーストラリアのバルクビリングシステムを簡単に言えば、

 

医者が診察料金を国に一括請求します。

 

日本であれば一般的に国民保険に加入している場合は診察代などの個人負担額が3割だと思いますが、

 

オーストラリアのBulk Billing GPは患者の負担は0。

 

つまり、無料です。

 

ただ無料とは言っても

 

毎年、永住権保持者はオーストラリア人と同じく、

 

収入額などによって徴収額は異なりますが

 

メディケアレイビーという税金を確定申告(タックスリターン)の際に納めています。

 

なのでこの税金で賄われているのかな。

 

逆に、Bulk BillingではないGPのところで診てもらうと

 

国が定めた料金に加えて追加で診察料金を課すこともできるので

 

その分は自分で支払うようになります。

 

なのでもしも無料で診察を受けたい場合は、まずは「Bulk Billing GP」であるか否かを確認するべきです。

 

Bulk Billing GP」で検索してみると最寄りのGPでBulk Billingの医者を探すことができます。

 

こちらのはわかりやすくBulk Billですよって書いてあります。

 

緊急の場合

 

近くの緊急病院(emergency hospital)にGPを通さずに行けます。

 

実際に嫁を近くの緊急の公立病院に連れて行き、手術、入院等(この2週間、大変でした)をしましたが、

 

僕の認識では基本的にメディケアがあれば、公立病院(Public hospital)であれば無料

 

その為かどうかわかりませんが、

 

公立病院は長く待たされるというイメージを聞いていましたが、

 

緊急の場合は、すぐに通してもらえます

 

緊急の窓口でMidwifeと話をした後に、ドクターと会います。

 

初めてのことで、なんせ急なこと、しかも

 

日常では話さないようなことをドクターに英語で説明するのは難しい。

 

そんな患者の為に、

 

電話で通訳者(Interpreter)をドクターと患者の間において、電話通訳サービスもあったので利用しました。

 

このようなサービスも含めて、嫁の場合は、全て無料でした。

 

 

万が一、自分で病院に行くことができないような状態であれば、

 

オーストラリアの緊急の場合の電話ダイヤルは「000」です。

 

日本では警察「110」、消防と救急「119」とダイヤル番号が分かれていますが、

 

オーストラリアの緊急電話は「000」1本で統括されています。

 

ちなみに、救急車を呼んだ場合はメディケアを持っていても基本的に有料ですが、(私的保険にカバーできるプランがあります。)

 

一刻を争うような命にかかわるような緊急の場合は「000」にダイヤルして、何が起こっているのかと現在地を伝えましょう。

 

まとめ

 

やっぱり毎回違う医師に診てもらうより、最終的には信頼できるかかりつけ医に診てもらいたいですよね。

ただ最初はそれを探すのに苦労するはずです。

嫁の場合は、何人かのbulk billing GPに診てもらい、

症状はわかっていたのですが、医師によっては全く違う対応で、

前のGPがなんでこの検査をしていなかったのか?と首を傾げたり、

結局、そのGPのおかげで、早期原因の発覚と緊急に対処をすることができたのですが。

医師によってもまちまちです。

 

また言語の問題もあると思います。

ある程度の英語力があっても、

聞いたことのないような病気などの場合は、辞書で調べて日本語でも

初めて知るようなこともあったり。

オーストラリアでは日本語医療センターという日本人通訳者が常勤している

GPクリニックがパースとメルボルンにあるので

言語が心配であればそちらを利用されると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

-医療

Copyright© 空はまるで , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.