オーストラリアで快適生活!!

空はまるで

生活

Nutella(ヌテラ)とVegemite(ベジマイト)としょっぱい思い出

更新日:

 

 

今回はオーストラリアにある家庭食材ネタでいきます。

 

この2つはパンのトーストに塗ってみると見た目はあまり変わりませんが、

 

味は天と地の差です。

 

 

 

それではいってみましょう。

 

 

 

 

 

Nutella(ヌテラ)とは

スプレット系のヘーゼルナッツがベースのチョコーレート。

 

 

パンに先に塗ってから焼くとチョコレートも香ばしくなって美味しいです。

嫁が台湾ではこうやって焼くとこもあるって言ってました。

コーヒーか牛乳と一緒に、簡単なので忙しい朝の朝食によく食べています。

 

Vegimite(ベジマイト)とは

外見はクリーミングパウダーのクリープ。中身はチョコレートのように見えます。

 

しかし、一見チョコレートと思っていると僕みたいに痛い目にあってしまうので要注意。

 

 

僕はオーストラリアに初めて渡豪した時、

 

当初は右も左もわからないので、何もかもが新しく新鮮に見えて、日本と海外との違いを体とともに吸収して生きました。

 

その1つがベジマイトとの出会い。

 

最初はワーキングホリデーで語学学校に通っていた時期があり、

 

初渡豪の宿泊先が、学校が近いからと朝食が無料という理由で、8人部屋のバックパッカーに宿泊していました。

 

日本にいた頃は男8人部屋で生活をして、訓練をしてきたこともあったのでここら辺は気にせず。

 

翌朝、とりあえず朝起きて朝食をセルフサービスで食パンを焼いて

 

待っていたのですが、ジャムなどの隣にこのベジマイトが。

 

当時は英語もほとんど理解できなかったので、これはチョコレートだと勘違いをしてしまい、

 

普段よりちょっと多めにトーストに塗りつけて、1口かじる。

 

 

 

「なんじゃ、こりゃあ!?」

 

 

この世のチョコレートではないしょっぱさ、賞味期限は大丈夫かと疑った僕は愚かでした。

 

あとで調べてみるとなんとチョコレートなどこれっきしも入ってない発酵食品でした。

 

オーストラリア人はこのベジマイトをなんの変哲もなくパンのトーストやスープに入れて食べるよって言っています。

 

日本の納豆、台湾の臭豆腐と同じように、各国の食卓に欠かせない食材がここオーストラリアにもあるんだなと実感。

 

僕はそれがトラウマで、それっきりベジマイトは口にしていません。(笑)

 

罰ゲームでベジマイトのトーストを作ってあげたら面白いかもしれません。

 

そんな罰ゲーム、絶対に受けたく無いですが。

 

それではまた、

 

 

 

 

 

-生活

Copyright© 空はまるで , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.