オーストラリアで快適生活!!

空はまるで

生活

ティムタム知ってるかい?オーストラリアで体を張って全種類食べてみました。

更新日:

 

 

こんにちは、西オーストラリアのパース在住のはまちゃんです。

 

 

みなさん、オーストラリア発祥のチョコレートビスケット、ティムタム(Timtam)を知っていますか?

 

 

ティムタムはオーストラリアからのお土産で悩んだらとりあえず的な定番のチョコレート菓子です。

 

 

日本ではカルディーコーヒーやヴィレッジバンガードなどの輸入食品を取り扱うお店で見かけることができると思います。

 

 

オーストラリアのスーパーマーケットには必ずと言っていいほど置いてあります。

 

 

日本でアルフォートのミニチョコを買うぐらいの感覚ですかね、なので簡単に手に入ります。

 

 

でも1つ違うことがあります。

 

 

それは何かとセールをすることがあるんです。

えっ?半額??

何で??

 

間違いなく日本だったらこれって訳あり商品じゃないって疑うでしょう。

 

 

でもオーストラリアではごく日常茶飯事的なことなのです。

 

 

通常($3.60=約300円ぐらい)が($1.80=約150円ぐらい)

 

 

これはたぶん客寄せのために

 

 

それぞれの巨大スーパーマーケットチェーンが行なっているように思えます。

 

 

なのでオーストラリアに旅行で来た際に、

 

 

日本にお土産でティムタムをまとめ買いするときなどは一度確認することをオススメします。

 

 

とりあえずお土産にとか言っているくせに、

 

 

実は、本人がティムタムを食べたことないんですよ。

 

 

ということで、

 

 

今回僕が店頭に置いてあった全種類のティムタムを購入、実食しました。

 

 

普段は体に優しい食べ物を選んで食べていますが、

 

 

体を張った体験をレポートします。

 

 

お土産に買う前に買った本人がどんなものか知らないとね。

 

 

くれぐれも真似はしないでください。

 

 

では行ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 オーストラリアのティムタム集結

全種類並べてみるとカラフルですね。

戦隊シリーズモノを思い浮かべてしまいました。

左がレギュラーの定番が5種類と右が入れ替わりの激しい限定が5種類の計10種類が姿を表しました。

 

まずは定番、オリジナルのティムタムをガブリ。

 

外はチョコレートでコーティングされて、中はサクッとした食感。

甘い。こっちのお菓子は甘いものが多い、なので甘党の方は好きになるはず。

 

2個目も口の中へ。甘いね。

 

3個目、そろそろもういいかな。

 

4個目、うーん。

 

5個目、もう今日は止めておきます。

 

オリジナルは全部で11枚入っています。

原材料は

 

カカオバターとカカオマスが入っているので本物のチョコレートであることには問題なさそうです。

砂糖が最初にきているということはやはり砂糖が多く使われているということですよね。

どおりで甘くて美味しいわけか。

 

やはり、kcalカロリーが気になるので見てみましょう。

一枚397kJ??

 

カロリー高すぎるじゃないか!!これじゃあ肥満まっしぐらでねーか。

 

なんて思ってしまいしたが、よく見ると

 

オーストラリアのエネルギーの単位がkcalではなくてkJなんです。

 

Googleで調べてみたらkJ4.2で割るとkcalが出てくるとのこと。

 

計算してみるとオリジナルのティムタム1枚=94.5kcalでした。

 

 

続いて定番2番目はダブルコート

その名の通りチョコレートのコーティング感が増していました。

(さすがにいっぺんに全部開けて食べることには身の危険を感じたので日をヅラしています。)

 

これは美味しいです。

そして砂糖なしのコーヒーに合うことに気づいてしまいました。

 

 

定番の3番目は

ダークチョコレート

 

見た感じ大人の感じが漂うパッケージ。

 

やはり少しだけ甘さが抑えられていました。でも甘いです。

 

カカオが増量しているかは謎です。記載されていませんでした。

 

 

定番4番目は

ホワイトチョコレート

 

外も中も白1色。ホワイトチョコレート感が出ています。

 

食べたらやはりホワイトチョコでした。

 

いやーティムタムはブラックコーヒーに合うわー。

 

疑問に思った点は原材料にはココアバターが入っていないということは何で作られているんだろう。

 

 

定番5番目はキャラメル味

甘くて歯にくっつくんじゃないかと思ったけれど、

意外とそうでもなかったです。

 

 

それでは期間限定もの

1番目はココナッツとライチのフレバー

あー、確かにココナッツとライチの風味がありました。

パッケージも可愛らしく悪くないです。

 

 

限定2番目は塩味の効いたキャラメルとバニラ風味

あー、甘さの中にある塩のアクセントが両方を引き立てています。

 

それよりも驚いたことにパッケージに記載されているHealth Star Rating(左下側)を見て見ると

 

0.5と書いてありました。これ期間限定商品全部です。

 

普通なら商品の悪いことは書かないのが筋だとは思いますが、

 

そこまで堂々と評価を下げて商品の見える所に

 

記載するなんて大したもんだと感心してしまいました。

 

海外のタバコとかはかなりグロテスクなパッケージを使って

 

あなたの健康を害しますよってしてますが、日本のタバコのパッケージはクールに見えるんですよね。

 

 

さて、残り3フレーバーはどれもこれもクセものばかりで残ってしまいました。

 

ここからは、1人で食べるより他の人の意見も聞きたいし、ちょっと危険すぎると感じたので

 

みんなで少量ずつなら大丈夫かと職場の人にもと持って行きました。

 

期間限定3番目は黒い森フレーバー

名前はさておき、

中にチェリーのようなフレーバーが入っていて

意外と美味しかったし、同僚も悪くないって言ってました。

 

4番目はチョコミントのフレーバー

 

チョコミントですね。ミント好きならありだと思います。

 

最後はマンゴーのフレーバー

マンゴーの香り香料?確かにそんな味がします。

これは職場でも人気がなく最後まで余ってしまいました。

 

 

まとめ

 

 

以上、いかがでしたでしょうか?

 

 

ちょっとつまむ程度であれば美味しいティムタム。

 

でも全部はさすがに1人で食べれませんでした。(体にも悪い気がするので)

 

お茶の時間にみんなで食べるなどを考えるとやはりお土産には向いているのではないかと思います。

 

話の話題にもなりますし。

 

あとでわかったのが、

 

オリジナルとダークチョコレートは枚数増量していて11枚

 

 

他は全部9枚1袋に入っていました。

 

 

オリジナルとダークチョコレートはお得感がありますね。

 

 

個人的に好きなのはダブルコートの青いパッケージのティムタム。

 

 

みなさんお好みのティムタムは見つかりましたか?

 

 

ではまた。

 

 

 

 

-生活
-, , ,

Copyright© 空はまるで , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.