オーストラリアで快適生活!!

空はまるで

レストラン

パースのNorthbridgeでローストダックを食べるならココ、Good Fortune Roast Duck House

更新日:

 

 

こんにちは、パースに住んで5年が経ちましたはまちゃんです。

 

ここ西オーストラリア、パースは一般的にデパートやら小売店はだいたい1800にお店を閉め、(木曜日は少し遅くまで買い物できます)

 

飲食店も2100ぐらいにはお店を閉めるので、夜にちょっと飲みに行くっていうのが日本みたいに簡単ではありません。

 

でも、パースの繁華街であるノースブリッジは夜遅くまで開いているパブや、バー、レストラン、中華街などがあるので

 

ナイトライフを楽しむことができます。それに、パース駅から徒歩で行けるのでアクセスするのも抜群のエリアです。

 

料理も豊富で、たくさんの国の料理が選べるノースブリッジ。

 

さて、今回はそのノースブリッジで人気のあるローストダックが食べれるお店、

 

Good Fortune Roast Duck House

 

を紹介します。

 

 

 

もし中華系でローストダックが食べたいのであればオススメです。

 

また僕のようにどこで食べようか迷っている時のとりあえず的な場所としても利用できるかと思います。

 

外の皮はパリッ、中のお肉はジューシーなローストダックをワインと共に。

 

 

それでは行ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

外観(昼)

お昼時にノースブリッジでご飯何食べよーってなったことがあったので食べに行きました。

忙しそうなのでピーク時は並ぶかもしれません。

 

シェフが手際よくローストダックをぶった切ってました。

 

メニューは昼用(左)と夜用(右)の2つあります。

昼用はご飯、または麺がセットになったお得でお腹いっぱいになります。

夜でも昼のメニューをもらってオーダーできるのでこの後飲みに行く飲み代に使うためや外食での食費を抑えたい時にも使えます。

 

看板メニューは中国語で書いてあってわかりづらいので絵付きのメニューをみた方が良いです。

 

ランチで食べたもの。手前がローストポークと麺、嫁がローストダックと麺。どちらも$15以下で食べれます。

あっすいません、昼間っから赤ワインボトルを開けちゃいました。

アルコールは持参でき(BYO)1人につき$1だけチャージで自分の好きなワインを飲むことができます。

 

外観(夜)

忙しくなる前

あのテカテカのローストダックが照明によってさらにテカリ度を増しています。

ローストダックとローストポークのコンビネーション

もちろんローストダック美味しいのですが

実は僕はポークのカリッとした皮とジューシーな肉の方が好きです。

チキンもやわらく美味しかったです。

ジューっと音を立てて牛肉もやってきました。ご飯に合う。

 

裏では熟練のシェフが秘伝の調理法でローストし、表でぶった切っていました。

テイクアウトもできるみたいなので嫁が仕事帰りに買ってきてくれました。

ソースも3つ(プラム、チリ、あと甘い何か)付いてきてこのボリューム。

これで$17( Boneless Roast duck half)だったので安い気がします。

全部は食べれなかったので次の日のランチにしましたが、やはり買ったその日に食べた方が美味しかったです。

 

場所

 

パース駅から北にすぐあるノースブリッジから徒歩約10分。

途中繁華街を歩くのでご飯食べた後、遅くまで開いている飲み屋もあります。

車で行く場合は午後6時以降は無料で市内の路上に駐車できますが、週末は混雑するので

車を駐車するスペースを探すのに時間がかかるかもしれません。

 

感想

 

パースのローストダックならあそこでしょって言うぐらい

美味しいローストダックが手頃な価格で食べれます。

人の出入りも忙しい時は多いので、整理券をもらって待つことも。

ちょっと気になったのは入る通路が狭いこと。テイクアウト待っている人や席を待っている人でその

狭い感じ倍増。

がオーナーらしき人が、近々お店をすぐ隣に移転すると言う話をしていたのを聞いたので、

ちょっと見に行ったら、歩いて1分もしないうちに看板があって改装していました。

また機会があったら食べに行きたいと思います。今度は広い入り口を願って。

ちなみにビクトリアパークにも店舗があるみたいです。

中華系のレストランで迷った時にはぜひどうぞ。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

-レストラン

Copyright© 空はまるで , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.