オーストラリアで快適生活!!

空はまるで

10分で車のヘッドライトの黄ばみを除く方法

更新日:

 

西オーストラリア、パース、まだまだ朝夕の寒さは感じますが、

 

毎年9月はワイルドフラワーが満開になる時季であちこちに花が咲き乱れています。

 

もう西オーストラリアは春ですね。こんにちは、パース在住のはまちゃんです。

 

 

ここ、オーストラリアは紫外線が強い国で有名ですが、その被害は人だけでなく、

 

車も紫外線を浴びて、ヘッドライトが黄ばみ、曇り易いです。

 

また、日本のように一定の年数や距離を走ったから車を買い替えるということはなく、

 

80,90年代や2000年代の車やが普通に道路を走っているのがこの国です。

 

僕の車も2000年代で、手入れをほとんどしておらず(車体がゴールドでダサいし)、まあ走ればいいかなっという考えなのですが、

 

ヘッドライトが曇っていると古い車がさらに古く見えてしまいます。

 

そこで今回、車のヘッドライトどの家庭にもある日用品を使って簡単に綺麗にできたので、記事にしてみました。

 

それでは、行ってみましょう。

 

 

 

 用意した物

img_2137

  • バケツ
  • ゴム手袋
  • 布巾
  • 歯磨き粉
  • サランラップ

 

 

作業内容

  1. 外ガラスの汚れを濡れた布巾で綺麗にします。
  2. 歯磨き粉を2センチぐらいつけてサランラップで渦を巻くようになでていきます。(本当はマスキング等して作業をしたほうが良いですが、僕の車はもうけっこうきているので手抜きます)
    img_2144
  3. 2.の後に濡れ布巾で拭き取って綺麗になったなと思うまで繰り返します。

以上です。

 

簡単でしょう。本当は研磨剤などの車専用の物、マスキング、また綺麗にした後にコーティング剤などで綺麗を保たせると良いのでしょうが、僕のような車になってくると必要ないかもしれないです。でも、以前と比べるとかなりマシにはなったのではないかと思います。

img_2153

 

img_2152

 

歯磨き粉によって傷をつけてしまう可能性はないとは思いますが、もしするのであれば、少量で試してみて自己責任でお願いします。

 

それでは、また

 

-
-, , , ,

Copyright© 空はまるで , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.